7.ノンシリコンシャンプーは泡立ちが良くない?

ノンシリコンシャンプーは泡立ちにくく、髪が洗いにくいという先入観を未だに持っている人が少なくありません。しかしこの先入観は正しくはありません。そもそもシャンプーの泡立つ成分は界面活性剤によるものです。界面活性剤といえば食器洗いの洗剤にも含まれていて決して体にはいいと言えません。つまり、泡立つこと自体は髪に良いことには直結しないのです。

従来のノンシリコンシャンプーは敏感肌の方など少数の人の為に、頭皮を洗う目的で作られていました。当然泡立てる成分である界面活性剤は敏感肌の方にとってはますますよくない成分ですからシャンプーにはあまりたくさんは含まれていませんでした。すると当然泡立ちは良くありませんよね。そして他のシャンプーと比べ泡立ちにくいと感じてしまうことにつながったのですね。

しかし今では様々なノンシリコンシャンプーが市場で販売され多くの種類があります。中には界面活性剤をたくさん入れることで泡立ちを良くしているような商品もあります。ですから今では一概にノンシリコンシャンプーは泡立たないと言えないのですね。但し、泡立つことイコール髪に良いというわけではないので、あまり界面活性剤を含んでたくさん泡立つシャンプーを選ぶことはおすすめできません。髪に良い程度しか、界面活性剤を含んでいないという製品も、正しいシャンプー方法を実践すれば必ず泡立ちますから、実践してみましょう。むしろ、簡単にすぐ泡立ってしまうシャンプーを使用している場合は、もしかしたら髪に有害な界面活性剤を多く含んでいる製品である可能性があります。